2020年1月例会「フィンランドの今と昔」

あけましておめでとうございます。 今年も北欧楽会は北欧の文化をさまざまな方をお招きして 広めていきたいと思っております。 新年最初の例会は 宮脇路子さんをお招きして 「フィンランドの今と昔 ~フィンランドの本当に迫る~」 を下記の通りお話していただきます。 ご参加をお待ちしております。 <武蔵野プレイス…

続きを読むread more

12月例会のご案内「地震と火山の国アイスランド」

12月の例会は 地球物理学者の島村英紀さんをお招きして アイスランドの地形の成り立ちや魅力について お話していただきます。 参加ご希望の方は上記にお電話か こちらのメールからご連絡ください。 readingbiwa@yahoo.co.jp メールには、ご参加される方のお名前(複数人の場合は全ての方)と …

続きを読むread more

200回記念公演、無事に開催できました

北欧楽会の200回記念公演会 おかげさまで滞りなく進めることができました。 基調講演をしていただいた 日本社会事業大学学長の神野直彦先生 そして第2部で演奏をしていただいた ハルダンゲルヴァイオリン演奏者の山瀬理桜さん ピアニストの中村真理さん みなさまありがとうございました。 今後も北欧…

続きを読むread more

200回記念公演「神野直彦先生 来る!!」

北欧楽会も創立して22年が経ち 例会がこの秋で200回目を迎えることができました。 これもお支えいただいたみなさまのおかげです。 これからも北欧の文化をお伝えして 世界の多様性の一端を楽しんでいただけるようにがんばっていきます。 そこで今回は200回記念公演として 日本社会事業大学学長・東大名誉教授で北欧にお詳しい 神…

続きを読むread more

9月例会「フィンランドと私の 5年間」のご案内

北欧楽会の例会も199回目を迎えることができました。 これもみなさまのご支援のたまものです。 ありがとうございます。 100番台最後の記念すべき9月例会にお招きした 柳澤はるかさんは、北欧文化研究家や翻訳家などをされており フィンランドの本なども翻訳して日本に紹介してくれています。 今回は典型的なフィンランド人を描い…

続きを読むread more

7月例会「スウェーデンの高校教員になって見えてきたこと 」

今回お招きをした中澤智惠さんは 日本の大学で社会教育と ジェンダー研究の分野で 約20年の研究実績を積んだ後 スウェーデンに移住されました。 教員の資格を取得し 現在は通信制高校で教えておられます。 その視点で見えてきた スウェーデンの社会や若者の様々な面について お話しいただきます。 <講師紹介> …

続きを読むread more

4月例会のご案内「ノルウェーの絵本、 知っていますか? 」

「ノルウェーの絵本、 知っていますか?」 ~日本語と原語ノルウェー語で聴く 朗読とダンスパフォーマンス~ 北欧ノルウェーで活動する絵本作家スティアン・ホーレの 世界の絵本賞をいくつも受賞した「ガルマンの夏」 や 「アンナの空」の翻訳をされた小柳隆之さんをお招き します。 ビートリックスさんのノルウェー語朗読と …

続きを読むread more

11月例会「フィンランドの木の建築、昔と今」

11月の例会は 建築家の竹内晧さんをお呼びして フィンランドの木造建築の歴史について お話していただきます。 竹内さんはこの夏 ヘルシンキ国際文化センターで 木造教会の展覧会を行いました。 テーマは1999年以来研究してきた 17世紀、18世紀建設の ユニークな丸太組積造の 箱柱式教会についてでした。 …

続きを読むread more

10月例会 家族を支えるフィンランドのネウボラ

フィンランドでは妊娠がわかった女性は ほぼすべての人が「ネウボラ」 を利用します。 出産まではもちろん 子育て期を通じた長い期間 妊婦(母 親)・父親・子どもを見守り支える公的な仕組み それがネウボラです。 お話しいただくのは フィンランドでの子育てについて長く取材されている 北方美穂さん。 9月に見てこ…

続きを読むread more

9月例会「スウェーデンに学ぶ、いくつになっても 学びなおせる社会づくり」

「教育によって人を育てることが国を豊かにする」 という考えを基本に社会作りをしてきたスウェーデンでは 一度社会に出てからも必要に応じて大学などに戻って学び直し 再び仕事の場に戻ることを可能にする「リカレント教育」や いつでも・どこでも・誰でもお金の心配をすることなく 学ぶことを可能にする「生涯学習」が定着しています。 「…

続きを読むread more

6月例会「北欧デザインとテキスタイル」

6月例会は テキスタイル&インテリアデザイナーとして ご活躍の河東梨香さんをお迎えして 北欧の生活の中でデザインやテキスタイルが どのような役割を果たし 生活を豊かに彩る役割をもっておいるのか お話していただきます。 デンマーク人のおばあさまの施設に 毎年訪問していた経験から 日本でも高齢者施設の空間デザインや …

続きを読むread more

4月例会のご案内「デンマーク人形をつくってみよう!」

北欧楽会4月例会は 小金井市在住の千村裕子さんが デンマークを訪れた時に出合った人形を イメージした作品を作ります。 千村さんは地域での工作活動(土ようのたまり場) 中高年の絵画指導 自宅では手芸や工作教室を開いています。 また現在は武蔵野市立小学校の 放課後活動「あそべえ」の講師を務めています。 …

続きを読むread more

例会のご案内「Ska vi flka ? スウェーデン流お茶の時間を楽しみましょう!」

「Ska(スカ) vi(ヴィ) fika(フィーカ)?(お茶しましょ)」  毎日、午前と午後、この言葉とともに “お茶の時間”を楽しむスウェーデン人。 スウェーデンで暮らした中で 「この習慣はコーヒーやお菓子をつまみながら 人と仲良くなる『きっかけ』を与えてくれる スウェーデンに欠かせない文化」 と考える関口愛さん…

続きを読むread more

第189回例会のご案内「北欧のクッキーを作ろう!!」

北欧のクリスマスクッキーを 作ってみませんか! 講師に山縣史子さんをお迎えして 北欧のジンジャークッキーを作る 北欧楽会初の試み! 山縣史子さんは スウェーデンのゴットランド島に住む娘夫婦のもとを何回も訪れて スウェーデンのお料理やお菓子作りを楽しまれました。 今回はその中の一つで…

続きを読むread more

第188回例会のご案内「日本に魅せられたノルウェー人 ― アネッテさんの夢、実現に向かって―」

北欧楽会10月の例会は 東京在住のノルウェー人、アネッテさんにお話をうかがいます。 アネッテさんは 「どうして日本に興味を持ったかと聞かれる時は なかなか一言で答えることが出来ません」 とおっしゃっています。 アネッテさんの体験を通して感じた日本の社会や日本人について 結婚のお相手は山本氏とのことですが 日本の…

続きを読むread more

第187回例会のご案内「モルックを楽しみましょう」

北欧楽会9月の例会は フィンランド発祥のモルックを 2年ぶりに楽しみたいと思います。 講師に日本モルック協会の日本代表チームのメンバーの 神保 匡 さん(世界モルック大会出場)をお招きしいたしました。 体力に関係なく普段着で気軽に楽しめるゲームです。 ご参加をお待ちしています。 例会集合場所の「府中の…

続きを読むread more

第186回例会のご案内「日本に魅せられたノルウェー人 ― アネッテさんの夢、実現に向かって―」

北欧楽会6月の例会は 東京在住のノルウェー人、アネッテさんにお話をうかがいます。 アネッテさんは 「どうして日本に興味を持ったかと聞かれる時は なかなか一言で答えることが出来ません」 とおっしゃっています。 アネッテさんの体験を通して感じた日本の社会や日本人について 結婚のお相手は山本氏とのことですが 日本の男…

続きを読むread more

第185回例会のご案内「スケーエン美術館展・講演と鑑賞 ― デンマークの芸術家村 ―」

北欧楽会5月の例会は 国立西洋美術館で開催中の デンマーク・スケーエン美術館展についての講演と デンマークの近代美術を代表する スケーエン派の作品59点を鑑賞いたします。 講師は国立西洋美術館 副館長の村上博哉さんです。 村上さんは この展覧会開催の準備のため、 2年前にバルト海と北海に挟まれたユトランド半島の先…

続きを読むread more

第184回例会のご案内「スウェーデンに学ぶ、誰もが生きやすい国の作り方」

2017年度最初の例会は スウェーデン在住の三瓶恵子さんに 最新のスウェーデンの男女平等・ダイバーシティ(多様性)についてお話を伺います。 世界有数の男女平等国であり 多様性を推進するスウェーデンでも 細かい所ではまだまだ差別が存在しています。 それを解消するために様々な取り組みが行われていると ご自身の最新の著書…

続きを読むread more

第183回例会のご案内「暮らしてみたフィンランドと、北欧での照明 の役割」

来年1月の例会では 約7年間フィンランドで照明デザインを研究され 以来照明デザイナーとして 仙台を中心に活躍しておられる梅田 かおりさんに 北欧の生活に重要な位置を占める照明と 彼の地での出産や子育てについてのご経験などを お話しいただきます。   フィンランドの照明デザインは長い夜の彩りとして 世界的に高く評価され…

続きを読むread more