テーマ:文化

7月例会「スウェーデンの高校教員になって見えてきたこと 」

今回お招きをした中澤智惠さんは 日本の大学で社会教育と ジェンダー研究の分野で 約20年の研究実績を積んだ後 スウェーデンに移住されました。 教員の資格を取得し 現在は通信制高校で教えておられます。 その視点で見えてきた スウェーデンの社会や若者の様々な面について お話しいただきます。 <講師紹介> …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月例会のご案内「ノルウェーの絵本、 知っていますか? 」

「ノルウェーの絵本、 知っていますか?」 ~日本語と原語ノルウェー語で聴く 朗読とダンスパフォーマンス~ 北欧ノルウェーで活動する絵本作家スティアン・ホーレの 世界の絵本賞をいくつも受賞した「ガルマンの夏」 や 「アンナの空」の翻訳をされた小柳隆之さんをお招き します。 ビートリックスさんのノルウェー語朗読と …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月例会「フィンランドの木の建築、昔と今」

11月の例会は 建築家の竹内晧さんをお呼びして フィンランドの木造建築の歴史について お話していただきます。 竹内さんはこの夏 ヘルシンキ国際文化センターで 木造教会の展覧会を行いました。 テーマは1999年以来研究してきた 17世紀、18世紀建設の ユニークな丸太組積造の 箱柱式教会についてでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月例会 家族を支えるフィンランドのネウボラ

フィンランドでは妊娠がわかった女性は ほぼすべての人が「ネウボラ」 を利用します。 出産まではもちろん 子育て期を通じた長い期間 妊婦(母 親)・父親・子どもを見守り支える公的な仕組み それがネウボラです。 お話しいただくのは フィンランドでの子育てについて長く取材されている 北方美穂さん。 9月に見てこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月例会「北欧デザインとテキスタイル」

6月例会は テキスタイル&インテリアデザイナーとして ご活躍の河東梨香さんをお迎えして 北欧の生活の中でデザインやテキスタイルが どのような役割を果たし 生活を豊かに彩る役割をもっておいるのか お話していただきます。 デンマーク人のおばあさまの施設に 毎年訪問していた経験から 日本でも高齢者施設の空間デザインや …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月例会のご案内「デンマーク人形をつくってみよう!」

北欧楽会4月例会は 小金井市在住の千村裕子さんが デンマークを訪れた時に出合った人形を イメージした作品を作ります。 千村さんは地域での工作活動(土ようのたまり場) 中高年の絵画指導 自宅では手芸や工作教室を開いています。 また現在は武蔵野市立小学校の 放課後活動「あそべえ」の講師を務めています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第189回例会のご案内「北欧のクッキーを作ろう!!」

北欧のクリスマスクッキーを 作ってみませんか! 講師に山縣史子さんをお迎えして 北欧のジンジャークッキーを作る 北欧楽会初の試み! 山縣史子さんは スウェーデンのゴットランド島に住む娘夫婦のもとを何回も訪れて スウェーデンのお料理やお菓子作りを楽しまれました。 今回はその中の一つで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第188回例会のご案内「日本に魅せられたノルウェー人 ― アネッテさんの夢、実現に向かって―」

北欧楽会10月の例会は 東京在住のノルウェー人、アネッテさんにお話をうかがいます。 アネッテさんは 「どうして日本に興味を持ったかと聞かれる時は なかなか一言で答えることが出来ません」 とおっしゃっています。 アネッテさんの体験を通して感じた日本の社会や日本人について 結婚のお相手は山本氏とのことですが 日本の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第186回例会のご案内「日本に魅せられたノルウェー人 ― アネッテさんの夢、実現に向かって―」

北欧楽会6月の例会は 東京在住のノルウェー人、アネッテさんにお話をうかがいます。 アネッテさんは 「どうして日本に興味を持ったかと聞かれる時は なかなか一言で答えることが出来ません」 とおっしゃっています。 アネッテさんの体験を通して感じた日本の社会や日本人について 結婚のお相手は山本氏とのことですが 日本の男…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第185回例会のご案内「スケーエン美術館展・講演と鑑賞 ― デンマークの芸術家村 ―」

北欧楽会5月の例会は 国立西洋美術館で開催中の デンマーク・スケーエン美術館展についての講演と デンマークの近代美術を代表する スケーエン派の作品59点を鑑賞いたします。 講師は国立西洋美術館 副館長の村上博哉さんです。 村上さんは この展覧会開催の準備のため、 2年前にバルト海と北海に挟まれたユトランド半島の先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第184回例会のご案内「スウェーデンに学ぶ、誰もが生きやすい国の作り方」

2017年度最初の例会は スウェーデン在住の三瓶恵子さんに 最新のスウェーデンの男女平等・ダイバーシティ(多様性)についてお話を伺います。 世界有数の男女平等国であり 多様性を推進するスウェーデンでも 細かい所ではまだまだ差別が存在しています。 それを解消するために様々な取り組みが行われていると ご自身の最新の著書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第183回例会のご案内「暮らしてみたフィンランドと、北欧での照明 の役割」

来年1月の例会では 約7年間フィンランドで照明デザインを研究され 以来照明デザイナーとして 仙台を中心に活躍しておられる梅田 かおりさんに 北欧の生活に重要な位置を占める照明と 彼の地での出産や子育てについてのご経験などを お話しいただきます。   フィンランドの照明デザインは長い夜の彩りとして 世界的に高く評価され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第182回例会のご案内「北欧のSIGHTSEEINGとLIFESEEING」

北欧楽会創設20周年を記念した 講演と懇親の会です。 講演では 1972年にデンマークで旅行会社を起業され 北欧に精通しておられる太田不二夫さんに 北欧人の生活や北欧旅行の裏話・苦労話など 普通では聞けないお話をしていただきます。 懇親会では 激しく変わる北欧のことや北欧旅行の思い出話など ヴァイオリ二スト・ハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第180回例会のご案内「フィンランドの伝統楽器カンテレを楽しむ会」

7月例会は フィンランドの伝統楽器カンテレの演奏会です。 著名なカンテレ演奏者はざた雅子さんの フィンランドの生活文化などのお話を交えながらの演奏です。 夏の夕暮れのひととき はるかな北欧の夏に思いをはせながら 数々のカンテレ名曲のしみとおるように繊細な響きを楽しみましょう。 お誘い合わせの上 奮ってご参加…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第178回例会のご案内「絵本に見る豊かなノルウェー文化政策とノルウェー最新情報」

昨今の欧州は難民受入れ問題や相次ぐテロ事件など 厳しい雰囲気の中にありますが 欧州の文化政策は着実に地道な歩みを続けています。 5月例会では ノルウェー文学の翻訳家としても著名な青木 順子さんに ノルウェーの文化政策と最近の社会情勢について お話しいただきます。 青木さんはノルウェーの大学に留学後 2000年から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第177回例会のご案内「ヒンメリの魅力と制作」

4月例会では 「光のモビール」ともいわれる フィンランドの伝統的装飾品「ヒンメリ」について 松田 真理さんにお話しと実際の制作指導をしていただきます。 麦わらと糸で作るヒンメリは スウェーデン語で「天」を意味し 「幸運のお守り」として クリスマスの装飾などに使われています。 ふるってご参加ください。 日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ノルウェー文学セミナー2016」@ノルウェー大使館(3月9、10日)

ノルウェー大使館で 下記のとおり同国の文学についての催しがあります。 ぜひお誘いあわせのうえご参加ください!! ノルウェー文学は ここ数十年間で黄金期を迎え 多くの小説家が国際的に認められるようになりました。 日本でもノルウェー文学の人気は高まりを見せ 和訳される作品が年々増加しています。 ノルウェー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第176回例会のご案内「アイスランド体験談―アイスランド大学の 日本語教育に携わって―」

来年1月例会では アイスランド大学の教職体験をお持ちで (株)ヴァイキング(アイスランド航空日本総代理店)でご活躍中の千濱恵梨さんに 学生の日常生活や日本語を学ぶ際のエピソード等を交えてお話しいただきます。 アイスランドでの長期滞在体験談を聴く機会は少ないので 真のアイスランドの姿を知る貴重なお話となりましょう。 お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第175回例会のご案内「男女共同参画などについての課題」

長雨・豪雨も過ぎ 秋の到来を楽しむ頃となりました。 11月例会では 坂根 シルックさんに 「男女共同参画などについての課題」に関してお話しいただきます。 この問題は既に長年にわたって日本でも論じられ その推進が図られてきました。 しかし現状は幾多の先進国の他 新興国の幾つかにも今なお後れを取っています。 シ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第174回例会のご案内「フィンランド発祥のモルックを楽しみましょう」

10月例会では フィンランド カレリア地方の伝統的ゲームを元に開発された モルックの会を開催します。 このゲームは白樺材で作ったモルックと言う棒を投げて スキットルと呼ばれるピンを倒すゲームです。 ボーリングに似ており 子供から老若男女まで 体力に関係なく普段着で気軽に楽しめるゲームです。 秋の日の午後 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第173回例会のご案内「北欧の美術館巡り」

9 月例会では 長野 一隆さんに北欧の美術館・博物館についてお話しいただきます。 長野さんは1989年頃から世界の美術館・博物館巡りを始められ これまでに世界42カ国 2000近くの美術館・博物館や美術品のある教会などを見学してこられました。 現在もそうした旅を続けておられます。 これらのご経験を基に 北欧の美術館…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第172回例会のご案内「スウェーデンの概要・水の都ストックホルム&スウェーデン女性の社会進出」

7月例会は スウェーデン大使館オーディトリアムを会場に 男女平等社会の先進国スウェーデンの今についての講演と 水の都ストックホルムの美しい映像をお届け致します。 講師はスウェーデン大使館プロジェクトコーディネーターのヨハンソン弘美さんと 1978年ストックホルム生まれで 韓国語と日本語をストックホルム大学で学ばれ 20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第171回例会のご案内「スウェーデンの税制~スウェーデンの25%消費税は高いのか?」

6月の例会は 「スウェーデンの税制」について ストックホルム大学経済研究科博士課程を修了され 現在は早稲田大学政治経済学術院で教鞭をとる 福島淑彦さんにお話をうかがいます。 この春には延期になったものの 政府は2017年4月に消費税を10%に引き上げることを決定しました。 消費税が話題になる時 必ず引き合いに出さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第169回例会のご案内「スライドでめぐる『ニルスの不思議な旅』」

「春は名のみ」の頃は足早に過ぎ去り 花競う春です。 4月例会ではリンドグレーンの紹介でお招きした池田 正孝先生より 「ニルスの不思議な旅」を取り上げて 19世紀のスウェーデンのお話を伺います。 風物だけではなく 当時の生活、地理、倫理・哲学などまで書き込まれたこの作品には 今なお私たちに問いかけてくるものがあるでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第168回例会のご案内「アイスランドの魅力について-観光、地熱、平和の維持」

2月例会では 横川泰明氏にアイスランドの魅力についてお話いただきます。 横川氏は長年日本航空でご活躍された後 アイスランドやグリーンランドに魅せられ 現在はアイスランド・グリーンランド・フェロー諸島の航空と旅行の専業の会社 >㈱ヴァイキングの代表取締役としてご活躍なさっています。 このたびはアイスランド大使館の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第166回例会のご案内 「北欧から学ぶこと」

相次ぐ台風も去り 秋の風情を楽しむ頃となりました。 11月例会では 本会会員で元毎日新聞記者の矢倉久泰さんに 最近北欧4カ国を旅行された印象についてお話しいただきます。 大切に守られている森と湖やフィヨルドと滝の美しい自然それと調和して 確立された民主主義と充実した 社会・福祉制度が人々の生きがいある生活を支える北…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第165回例会のご案内 「グリーンランドの話」

10月例会講演は 北欧楽会としては初めて デンマーク自治区であるグリーンランドのお話です。 グリーンランドの北部は北極海に面し 地球温暖化を示す重要な指標を与える地域として 日本を含む各国の観測拠点が設置されています。 環境汚染の恐れもある中で 石油などの埋蔵天然資源試掘でも注目を浴び始め 更に次々に自治権拡大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第164回例会のご案内 「「フィンランドのことを切手を通して見てみると・・・」

今まで経験したことのない厳寒・酷暑や豪雨・水害。 「温和」だった日本の気候は今はいずこへ? 9月例会では 「フーさんシリーズ」などフィンランド児童文学はじめ フィンランド語書籍の翻訳を幅広く手掛け また切手蒐集家でもある上山(うえやま)美保子さんに 切手を通して見たフィンランドの特徴や魅力についてお話しいただきます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第163回例会のご案内 「スライドでめぐるリンドグレーンの作品の世界」

緑したたる季節となりました。 すがすがしさの中にも自然の力の大きさをしみじみと感じます。 6月例会では 日本の子ども達にも親しまれたリンドグレーンの作品について 池田 正孝(まさよし)先生にお話しいただきます。 池田先生はご専門の経済学の傍ら 趣味として児童文学の舞台に関心をお持ちになり 北欧を何度も訪ねられました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第158回例会のご案内「フィンランド人が大好きなもの/こと」

厳しい暑さの夏でしたが、 夕風の涼しさ、柿の実の色づきに、 やっと秋らしさを感じる季節となりました。 11月例会ではフィンランド出身の橋本 ライヤさんに 「フィンランド人の大好きなもの/こと」をテーマにお話しいただきます。 それは森、サウナ、ノルデイックウォーキング以外に、 私たちが思い付かないことがまだまだ沢山ある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more