テーマ:フィンランド

2020年1月例会「フィンランドの今と昔」

あけましておめでとうございます。 今年も北欧楽会は北欧の文化をさまざまな方をお招きして 広めていきたいと思っております。 新年最初の例会は 宮脇路子さんをお招きして 「フィンランドの今と昔 ~フィンランドの本当に迫る~」 を下記の通りお話していただきます。 ご参加をお待ちしております。 <武蔵野プレイス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月例会「フィンランドの木の建築、昔と今」

11月の例会は 建築家の竹内晧さんをお呼びして フィンランドの木造建築の歴史について お話していただきます。 竹内さんはこの夏 ヘルシンキ国際文化センターで 木造教会の展覧会を行いました。 テーマは1999年以来研究してきた 17世紀、18世紀建設の ユニークな丸太組積造の 箱柱式教会についてでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月例会 家族を支えるフィンランドのネウボラ

フィンランドでは妊娠がわかった女性は ほぼすべての人が「ネウボラ」 を利用します。 出産まではもちろん 子育て期を通じた長い期間 妊婦(母 親)・父親・子どもを見守り支える公的な仕組み それがネウボラです。 お話しいただくのは フィンランドでの子育てについて長く取材されている 北方美穂さん。 9月に見てこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第187回例会のご案内「モルックを楽しみましょう」

北欧楽会9月の例会は フィンランド発祥のモルックを 2年ぶりに楽しみたいと思います。 講師に日本モルック協会の日本代表チームのメンバーの 神保 匡 さん(世界モルック大会出場)をお招きしいたしました。 体力に関係なく普段着で気軽に楽しめるゲームです。 ご参加をお待ちしています。 例会集合場所の「府中の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第183回例会のご案内「暮らしてみたフィンランドと、北欧での照明 の役割」

来年1月の例会では 約7年間フィンランドで照明デザインを研究され 以来照明デザイナーとして 仙台を中心に活躍しておられる梅田 かおりさんに 北欧の生活に重要な位置を占める照明と 彼の地での出産や子育てについてのご経験などを お話しいただきます。   フィンランドの照明デザインは長い夜の彩りとして 世界的に高く評価され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第180回例会のご案内「フィンランドの伝統楽器カンテレを楽しむ会」

7月例会は フィンランドの伝統楽器カンテレの演奏会です。 著名なカンテレ演奏者はざた雅子さんの フィンランドの生活文化などのお話を交えながらの演奏です。 夏の夕暮れのひととき はるかな北欧の夏に思いをはせながら 数々のカンテレ名曲のしみとおるように繊細な響きを楽しみましょう。 お誘い合わせの上 奮ってご参加…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第177回例会のご案内「ヒンメリの魅力と制作」

4月例会では 「光のモビール」ともいわれる フィンランドの伝統的装飾品「ヒンメリ」について 松田 真理さんにお話しと実際の制作指導をしていただきます。 麦わらと糸で作るヒンメリは スウェーデン語で「天」を意味し 「幸運のお守り」として クリスマスの装飾などに使われています。 ふるってご参加ください。 日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第175回例会のご案内「男女共同参画などについての課題」

長雨・豪雨も過ぎ 秋の到来を楽しむ頃となりました。 11月例会では 坂根 シルックさんに 「男女共同参画などについての課題」に関してお話しいただきます。 この問題は既に長年にわたって日本でも論じられ その推進が図られてきました。 しかし現状は幾多の先進国の他 新興国の幾つかにも今なお後れを取っています。 シ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第174回例会のご案内「フィンランド発祥のモルックを楽しみましょう」

10月例会では フィンランド カレリア地方の伝統的ゲームを元に開発された モルックの会を開催します。 このゲームは白樺材で作ったモルックと言う棒を投げて スキットルと呼ばれるピンを倒すゲームです。 ボーリングに似ており 子供から老若男女まで 体力に関係なく普段着で気軽に楽しめるゲームです。 秋の日の午後 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第164回例会のご案内 「「フィンランドのことを切手を通して見てみると・・・」

今まで経験したことのない厳寒・酷暑や豪雨・水害。 「温和」だった日本の気候は今はいずこへ? 9月例会では 「フーさんシリーズ」などフィンランド児童文学はじめ フィンランド語書籍の翻訳を幅広く手掛け また切手蒐集家でもある上山(うえやま)美保子さんに 切手を通して見たフィンランドの特徴や魅力についてお話しいただきます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第162回例会のご案内 「フィンランドに学ぶ ―映画『かもめ食堂』に感じたフィンランド観―」

あの厳しかった冬も忘れたように 百花繚乱の季節となりました。 5月例会では 朝日新聞記者の佐々波 幸子さんに 映画『かもめ食堂』に出てきた フィンランドの印象をベースにお話しいただきます。 映画に出てくるヘルシンキの街の美しさは勿論のこと フィンランドの人々の色々な性格にも 私たちの心を強く引きつけるものがありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第158回例会のご案内「フィンランド人が大好きなもの/こと」

厳しい暑さの夏でしたが、 夕風の涼しさ、柿の実の色づきに、 やっと秋らしさを感じる季節となりました。 11月例会ではフィンランド出身の橋本 ライヤさんに 「フィンランド人の大好きなもの/こと」をテーマにお話しいただきます。 それは森、サウナ、ノルデイックウォーキング以外に、 私たちが思い付かないことがまだまだ沢山ある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第153回例会のご案内「カンテレ演奏会~フィンランドの民族楽器~」

4月例会は 久し振りに当会会員 はざた雅子さんのカンテレ演奏と それに関したお話です。 はざたさんはフィンランド民族楽器カンテレ演奏の草分けの方です。 「フィンランド讃歌」(シベリウス)など その繊細で美しい音色を楽しみましょう。 ご興味ある方は 下記日時に直接会場にお越しください。 お待ちしております。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

例会のご案内「フィンランドが教えてくれること」

遅れていた桜もいよいよ咲き始め、 人の世の重苦しさとは無関係に、 美しい自然の季節が始まります。 5月例会では、 フィンランド大使のご夫君と暮らされた長谷川 あつ子さんから、 現地のお話をうかがいます。 長谷川さんは2000年秋から3年間、 フィンランドで大使夫人という重責を果たしながら、 一方では主婦としても日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第144回例会のご案内 「フィンランドに留学して」

今年最初の北欧楽会の例会は 都立国立高校2年生の阿部譲さんに フィンランド留学体験についてお話いただきます。 阿部さんは公益財団法人AFS日本協会に 選ばれた交換留学生として フィンランドのMantyharjun Lukio高校に 約10か月間留学され 現地の生徒とまったく同じように勉強し 生活することを体験されまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more